アフリカ~音楽の旅

アフリカ 音楽の旅

Add: akytuj36 - Date: 2020-11-24 08:23:43 - Views: 940 - Clicks: 3150

JAPANese culture introduction / foreign country culture introduction The secretariat contributes to an international cultural exchange. 西アフリカのセネガルとマリに行ってきた。世界遺産、西アフリカの音楽、ダンスに触れるのが今回の旅の目的だ。日本からの観光客はまだまだ少なく情報も少ない(今回は英語のガイドブックlonly planet社の「West Africa」と、さらにフランス語圏の為「指差しフラン. エチオピア航空が成田空港に直行便を就航させて以来、簡単に行ける国になりました。エチオピアはヨーロッパ列強のアフリカ分割時にも独立を保った長い歴史を有する国で、文字・言葉・音楽・食べ物・・・独自の文化と伝統が色濃く残っています。 例えば、アフリカの音楽は一般にリズミカルでパワフルなイメージですが、エチオピア音楽は日本でいうと演歌のような独特の節回しで面白いです。 また、アクスム王国以来、伝統的にキリスト教(エジプトのコプト教に近く東方系)。ラリベラ(世界遺産)には、キリスト教の聖地エルサレムを再現した寺院群があります。 隣国エリトリアとの紛争が落ち着いてきて、最近行けるようになったところとしては、エルタアレ火山(真っ赤にたぎるマグマを間近で見れる)やアッサル湖(塩を運ぶラクダのキャラバンが見れる)があります。 まだ訪れる人は少ないけれど、ロック・クライミングしながら行くティグレ地方の岩窟教会は、個人的にお勧めです。.

アフリカ音楽 後編です。 前編(アフリカ音楽 前編)ではリズムについて学びました。後編ではメロディとハーモニーについて何となく見てまいりましょう。 メロディ まず音階ですが、西洋音楽で言うところの長音階に近いもの、短音階に近いもの、ドリアンスケールに近いもの、五音音階に. 部族社会であったアフリカでは、部族単位で音楽が産まれてきます。 太鼓などの打楽器を叩きながら飛び跳ねているアフリカ人を想像する方も多いと思いますが、イメージ通りでアフリカにはたくさんの打楽器が存在しています。太鼓などの膜鳴楽器はもちろん、木琴やサンザ(ムビラ)といった体鳴楽器、ホルンやフルートなどの気鳴楽器や、楽弓、フィドル、リュート、チター、ハープなど弦鳴楽器などさまざまな打楽器が存在しています。 即興演奏、および集団歌唱における応唱(リーダー対グループ)や交唱(グループ対グループ)といった交互の呼びかけなど、応答形式で音楽が演奏されることも多く、打楽器などの音を音楽として奏でることで、メッセージの伝達を行っていたのもアフリカ音楽の特徴です。 また、ブルース、ジャズ、サルサ、ズーク、ルンバなどの音楽は、アフリカ人奴隷がアメリカへ持ち込んだアフリカの伝統音楽を基ににできた音楽で、のちに大ヒットするロックやR&Bの登場にも貢献しているのです。 アフリカ音楽のルーツの深さと底知れぬ可能性を感じますね!. アフリカ音楽分析--ジャズのルーツとしてのポリリズムと音組織 坪口 昌恭 尚美学園大学芸術情報学部紀要 (6), 71-87, -12. シルクロード音楽の旅 (民族音楽コンサート) The trip of the Asia・Africa court アフリカ~音楽の旅 music Silk Road.

アフリカ~音楽の旅 - のページをご覧の皆様へ HMV&BOOKS onlineは、本・CD・DVD・ブルーレイはもちろん、各種グッズやアクセサリーまで通販ができるオンラインショップです。 Pontaポイントもつかえて、お得なキャンペーンや限定特典アイテムも多数!. アフリカにおけるポピュラー音楽のことを総称してアフロポップと呼びます. アフリカ音楽自体、我が国ではあまり一般的ではないが、例えばcmでも使われたユッスー・ンドゥールによるビートルズのカバーとか、ポール・サイモンが南アフリカ共和国のミュージシャンたちと制作してグラミー賞を総なめにしたアルバム『グレイス.

インド洋のアフリカ諸国では、マダガスカルが最高なのですが仏語圏なので外すと、英語圏のモーリシャスがお勧めできます。母国語はフランス語系ですが、元イギリス領で英語は完璧に通じます。 イギリス領自体にプランテーションの労働者としてインド人・中国人を連れてきたため、いまでも住民の半分以上がインド系、2割は中国系で、残りはアフリカ系です。 コンパクトな島で、数日あれば一回りできます。目が覚めるほど綺麗なビーチ(イルオセフ)もあれば、7色の地層があったり、塩田があったり、サトウキビ畑が広がってたり、首都のPort Louisには中華街まであります。 とにかく治安がよくて、人が親切で、楽しくて、人生に疲れた人も笑顔取り戻せちゃいますよ。. ワールドミュージック(アフリカ音楽系)で歴史的名盤と言われるものやお気に入りの作品を教えてください。 南アフリカのポップスといえば、ムバカンガですね。ムバカンガは、ズールー・ジャイブとも言われてます。昔、奴隷船によって持ち込まれた大量のレコード(ニューオーリンズ. まずはタンザニアです。タンザニアはタンガニカとザンジバルが合体してできた国です。タンガニカは19世紀以降ドイツ領でしたが第一次世界大戦後イギリス領になりました。 ザンジバルはオマーンが一時暫定首都をおいたようにアラブの影響を強く受けていて、迷路のような町並みとエキゾチックな雰囲気が旅情を誘います。治安はとてもよく、魚介類も美味しいうえ、エメラルドグリーンに輝やくビーチまであります。中央市場は元々は奴隷市場でした。 ちなみに、ロックバンド「クイーン」のボーカルだったフレディ・マーキュリーはザンジバル生まれのパーシー(もともとはペルシャの拝火教徒でインドに亡命)で、生家も保存されています(まだ壊されていなければ)。 ザンジバルのほかに有名なのは、アフリカ一高い山であるキリマンジャロ(5895m)。赤道直下の為、比較的軽装備で登ることができます。 初心者の私も、現地でレンタルした服と装備で、ポーターに全部荷物を持ってもらい、ガイドに手を引っ張ってもらったおかげで、4泊5日でなんとか登頂できました。 5合目すぎるとほとんど木がない富士山とは違って、キリマンジャロは、登り始めはジャングル、山頂では氷河、登るにつれて植生や景色が変化し飽きさせません。 但し、下山時は靴づれがひどくなり、2合目からは救急車に乗せてもらいました。トレッキングシューズは自前のを用意していった方がいいです。 14世紀の大旅行家、イブンバトゥータが世界3大美港と称えたキルワ(世界遺産)も見どころです。. See full list on tabippo. 【アフリカ・ルワンダ 未知のリズムと音楽探究の旅】 ご来場感謝。 昨年9/17にこの会場で初めてお会いして対談した masako katoさんと5ヵ月ぶりに渋谷で再会が実現。 ルワンダ在住2年半のmasakoさんは ルワンダ伝統工芸牛糞幾何学アート”イミゴンゴ”を他国に. さまざまなジャンルの音楽の発祥の地、アメリカ。この国が生み出した音楽やスターの足跡をたどるツアーをご紹介します。ジャズの本場「ニューヨーク」、グランジロック出生地「シアトル」、エルヴィス・プレスリーの街「メンフィス」の3都市に焦点を当て、アメリカ音楽のリズムを肌で. · 「アフリカ音楽の旅」として演奏とトークを楽しむシリーズ、 今回は「トーキングドラム、タマ」です! アフリカ音楽聴こうと思われている方は、まずはこのcdからをお薦め致します。 心行くまで、アフリカの心に触れて下さい。 アフリカを旅して下さい。. アフリカ旅行・アフリカツアーは、アフリカの旅を創り続けて42年の道祖神におまかせください。専門店ならではの.

アフリカ音楽と聞いてもピンとこない人も多いかもしれませんが、ポピュラー音楽の歴史を語る上では欠かせない存在なのです。 現代のアフリカ音楽「アフロポップ」とは. 世界のダンスミュージックで踊れ! ネットの発達や音楽制作機器の一般化、そしてDiploなどの目利きDJによる“発掘”を通して、局地的に楽しまれてきたダンスビートが新しいジャンルとして世界に広がり、ムーブメントを起こしている。. 音楽が大好きなアフリカ人にはどんな音楽が親しまれているのでしょうか? アフリカの地域によっても親しまれている音楽は違うのですが、大きな歴史的な流れと、最近のアフリカ音楽のトレンドを紹介したいと思います。. · 音楽で旅する世界 Vol.

See full list on africalove. したがって、だいぶ大雑把で乱暴なカテゴライズだとは思うのですが、とりあえず今回はアフリカの音楽に何となく共通して見られる特徴を解説していこうと思います。 北・西・東. 私は年の11月からオーバーランド・トラックに乗ってアフリカを1周しています。私のこの旅の目的はアフリカの人々の「語り」から歴史を学ぶ. アフロポップはアフリカのポップの現代音楽を表現するのに時々使用される言葉である。アフロポップは、アメリカのポップミュージックとアフリカの音楽の間のダンスとサウンドが混在していることを特徴とし、特定のスタイルや音楽サウンドを指すわけではないが. 10 アフリカ編 年5月20日(金)19:00 - 21:00 ※18:40受付・入場開始 テーブル席:¥1000+1ドリンクオーダー制(定員:18名). 【アフリカ・ルワンダ 未知のリズムと音楽探究の旅】今沢カゲロウ21枚目cd制作 の活動報告一覧です Please get in touch if you have any questions, interests or business ideas.

80年代のワールドミュージック台頭の頃 世界の音楽を知り、はまりました。そして世界を旅し、音楽に触れました。魅力ある音楽を紹介させていただきます。映像も楽しめます。. 旅が大好きで、気がつけば50数カ国旅をしています。年念願だった旅行記を出版。 多くの人に旅の魅力やイスラムの国々の良さを知ってもらおうと、書著「やっぱり旅はやめられない イスラム編」を書きました。 年に第2弾となる「中国編」を出版。. 10 アフリカ編 ・年5月20日(金)19:00-21:00 ※18:40受付・入場開始 ・テーブル席:¥1000+1ドリンクオーダー制(定員:18名).

旅とメイハネと音楽と 85. アフリカの音楽といっても、たくさんのジャンルの音楽が存在しています。 アフリカ内の地域によっても親しまれている音楽がぜんぜん違うので、ひとくくりにアフリカの音楽を表現するのが難しいです。一般的にアフリカの音楽といわれているのは、アフリカ北部以外の地域(サブサハラより南)の音楽だそうです。北部のアフリカは、中東の文化を多く受けているので、音楽もアラビア音楽に分類されるのだとか。 サブサハラより南のアフリカ音楽は、部族社会から産まれてきたものがほとんどで、神話、伝説、教訓、時事的話題の伝達、権力者の風刺や賛美、訴訟、治療、雨乞いなどに音楽が使われたりしていました。音楽を楽しむ機会も、儀礼、宴会、労働、娯楽など、生活との緊密な結び付きの下で多岐にわたります。 私が住んでいたガーナでは、お葬式、宴会などでは盛大に音楽が流れ、歌って踊ってのどんちゃん騒ぎになることがほとんどでした。とはいえ、なんでもかんでも音楽をかけて踊り狂えばいいというものでもありません。 お葬式の始めには、 現地から生まれたローカルのゴスペル ↓ ローカルの民族音楽 ↓ 一般的なゴスペルミュージック ↓ 葬式の終わりにはアフロビーツを楽しむ。 など、お葬式の式典の中でもしっかりと音楽の構成も練られていて、現地音楽の深さを知った経験があります。 部族や地域はもちろん、宗教や文化によって音楽の楽しみ方が大きく異なってくるのです。. 海外旅行の最新情報 地球の歩き方ホームページ!こちらではアフリカ在住の特派員ブログをご紹介しています。地球の歩き方のアフリカ特派員が現地の情報を発信! ・音楽で旅する世界 Vol. 旅の最後に辿り着いたのは、なんとイギリス! アオキにその理由を訊いた。 アオキ:アフリカの音楽が世界に広まっていく上で、重要なポジションにあるのがこのUKなんです。特にナイジェリアのAfrobeatsと非常に強い結びつきがあります。. ケニアは、南アや北アフリカを除けば、アフリカでもっとも観光施設が整った国だと思います。ライオン・シマウマ・ゾウなどがま近で見られる国立公園がいくつもあり、快適なホテルもあります。 私は宿泊したことないですが、朝食を食べていると窓からキリンが頭を突っ込んでくるホテルも人気のようです。 個人旅行者ならスワヒリ海岸のラム島がおすすめです。アラブ交易の影響を強くく受け、スワヒリ語を話す地域です。街が迷路のようで車が入れず、移動手段はロバです。 ソマリアに近いので、バスで行くと護衛がついてきますが(無料)、島自体は治安がよくて、のんびりできます。 歴史好きなら、15C末にポルトガルのバスコダガマがインド航路を「発見」した拠点となったマリンディ、インド洋交易で栄えたモンバサなども面白いです。. 資料展示「音楽で世界を旅しよう~アフリカ編~」のご案内 世界各地には、魅力あふれる伝統的な音楽がたくさんあります。 今回は、アフリカ地域の民族音楽について、視聴覚資料を中心にご紹介します。.

アフリカ~音楽の旅

email: uvavy@gmail.com - phone:(639) 541-3210 x 4130

SO GOOD - バトルフロンティア ポケモンかぞえうた

-> サザン・ウインド
-> 泣いて 笑って

アフリカ~音楽の旅 - ゴーイング


Sitemap 1

Love, Universe - ゴールデン 柳ジョージ レイニーウッド